メニュー

「進学塾の志望校別対策」

中学受験では志望校別対策が重要と言われていますが、
進学塾ではどのような対策がとられているのでしょうか。

中学入試の問題には各学校の想いが詰まっていると言われます。

そのためには過去問演習が中学入試の勉強には重要な課題となるわけですが、
進学塾で行われるテストや模試にも反映されています。

中学入試の問題を分析し、落とし込んで作られたものです。
そのため中学入試が近づくと入試の予想問題が出題されるわけです。

また、結果表も問題ごとにどういった単元になっていて、
第1志望の生徒の正解率等が載せられているなどの詳しい分析がなされている模試も少なくないのです。

こういった模試を活用した勉強は当然中学入試に直結するものです。
どういった問題を間違っているのか、どのような問題を正解しているかによっても勉強の方法が変わって来るそうです。

個別指導教室ss-1代表の小川大介氏は、リセマムの中で模試の活用法についてのインタビューに答えていますが、「考える問題や正答率の低い難易度の高い問題は正解していて、知識はほどほど」と言うタイプの方が、「難問は解けていないけど知識を問われる問題はしっかりできている」タイプより伸びしろがあると言っています。

模試だけでなく、進学塾での志望校別対策の講座においては、
授業のテキストも各中学の入試問題を分析したものでできており、
学校別の講座になっており、その学校の過去問や類題がメインの教材となっており、
志望校に特化した講座となっているのです。
■関連サイト■
参照元:中学受験情報局
URL:http://www.e-juken.jp/
志望校別の対策はこちらのサイトで解説されています。
中学受験のために塾に通うことを考えている親子の参考になります。