メニュー

雙葉中学校の入試問題

2017年9月24日 - 受験, 問題を解く

今回は、雙葉中学校の中学入試問題の分析をご紹介します。

中学受験家庭教師「リーダーズブレイン」のプロ講師が、
ホームページ上で公開しているものです。

雙葉中学は、女子最難関の中学として知られる学校ですが、
女子中ならではの難しさがあるようです。

中学入試の問題をみると、どの科目も、単なる知識の詰め込みではなく、深い理解を伴う知識を土台とした「思考力」と、それを丁寧に記述する「表現力」が求められるということです。
中学入試の問題には、学校の想いが詰められていると言いますが、
雙葉中の場合には、本当に明確になっています。

算数に関しては、発想力の必要な問題は少ないが、問題をよく読み、筋道を立てて丁寧に考える力が必要となるそうです。

特に難しいと言われる国語は、「高度な語彙力」などの「総合的知識力」が必須で、「説明記述対策」として様々な指定字数に対応する練習も必須だということです。
雙葉に限らず、女子中学は国語が難しいと言います。

対策をよく知って勉強することが必要ですが、
女子中と、共学を併願する人は、中学入試国語の問題は、
傾向が違う場合も多いので注意が必要です。
社会の最大のポイントは「選択肢設問」で、
「多角的思考」と「細部へのこだわり」が求められるということです。

理科は「データの読み取り」問題の対策として、なぜそうなるのかを、常に考えて勉強をすることが必要です。
「なぜ」という問題意識を常に持つことは、
中学入試を受ける人でなくても重要です。