メニュー

クイズやパズルを使って考える!

2017年8月23日 - 問題を解く

中学入試は算数と言われていますが、
苦手という人が多いのが国語です。

中学入試の算数は難問が多いのですが、
多くの塾で算数対策を行い、多くの人が算数は得意になっています。

もちろん、苦手な単元がある、志望校の中学入試の合格点を取るには、
あと何点か足りないという事はあるでしょうが、
それでも、全く勉強法がわからないという人はいないのではないでしょうか。

国語に関しては、中学入試はもちろん、大学入試でも、どう勉強して良いかわからないという人が多いようです。

読書を増やしただけでは、中学入試の問題が解けるようになりません。
中学入試の国語の問題が解けるようになるには、
思考力が必要です。

自分の頭で考える事が必要なのです。
思考力を伸ばすには興味を持って考え、
「なぜ?」と思い調べて、自分の持ち合わせている知識で考える事が大切です。
国語の問題は覚える事だけでは解けるようにならないのです。

今回は、国語の問題を使って「考える」事ができるようになるという本「頭が良くなる謎解き国語ドリル」をご紹介します。

この本では、「なぜ?」と自分の頭で考えられるような問題を数多く紹介し、
国語の言葉や知識、考え方のコツが1600以上盛り込まれているそうです。

例えば漢字についてだと、「成り立ち」「意味の使い分け」「パズル」など様々な角度から作った謎解きを収録しており、単に問題を解くテストではなく、
興味のわくクイズやパズルとなっており、
楽しみながら考える力が身について行くという事です。