メニュー

過去問対策の方法

2016年7月5日 - 受験

中学入試は志望校対策が重要です。
最近は公立中高一貫校も増えて、中学入試を受けるという人が多いのですが、
その対策も一様ではないのです。
また、多くの人が1校だけでなく3校〜5校を併願すると言いますから、
それらの志望校対策も必要なのです。

もちろん第一志望の学校の問題を中心に勉強するわけですが、
多くの場合併願校の問題は第1志望と同じ傾向にあるはずです。

また、第1志望と同じ問題傾向にある学校を併願校に選ぶべきなのです。

進学塾に通っていると当然志望校対策で、過去問や予想問題、類題などをやるとは思いますが、
十分ではない事が多いのです。

進学塾だけで全ての科目の問題を完璧にやるというのはなかなか難しい事なのです。

そこで、自分で中学入試の過去問対策をやるわけですが、
きちんとした解答解説が必要です。

中途半端ではなく、過去問は完璧にこなしておきたいのです。

中学入試の過去問解説は色々と出版されていますが、
なかなか参考書だけでは理解しにくいのではないでしょうか。
特に中学入試で重要と言われる算数は、「覚える」のではなくきちんと理解しておきたいのです。
そこで、今回は「第一ゼミパシード」の「算数過去問徹底解説講座」をご紹介します。

この講座は、自宅のパソコンで、各中学校の算数の過去問解説授業を動画で見られるようになっているものです。
7月から1月にある中学入試まではいつでも、何度でも視聴できるので、重要な問題に対する解き方の理解や直前期の最終確認など、様々な形で利用する事ができるでしょう。
対象校は灘中、洛南高等学校附属中、西大和中、大阪星光学院中、四天王寺中、清風南海中です。