メニュー

「中学入試過去問演習は時間割通りに!」

2016年1月16日 - 受験, 問題を解く
中学受験の進学塾では志望校対策として中学入試の過去問や、予想問題の演習に取り組みます。
これまでの中学入試の問題を解く事で、
志望校の問題の傾向を知り、時間配分などを身につけて行くわけです。
中学入試の過去問は「やり方」も重要で、
効果的な学習になるよう、進学塾などではそれぞれ工夫していると言う事です。
さて、そこで今回は中学受験の進学塾「中村教室」の演習方法について見てみましょう。
中村教室では、まず本番と同じ時間帯、科目順で全ての科目に取り組みます。
中学入試は午前中が多いですが、
それぞれの本番の時間帯に合わせ緊張感を持って臨みます。
1科目ずつやるのではないので、
時間の確保をしなければなりませんね。
また、問題を解いてすぐ答え合わせをするのではなく1科目終えたら気持ちを切り替えて次の科目に集中する事も重要です。
時間帯や科目順も同じようにするのは、
この気持ちの切り替えを練習するためと言う事です。
すぐに間違えたところやわからなかったところを確認したいところですが、
間違えた問題を気にして、次の科目に気持ちを引きずってしまう事にもなり兼ねないのです。
本番の中学入試でも、休憩時間に友人と答え合わせなどせず、
次の科目に集中する事が大切ですね。
その上で、最低でも過去問3年分は解き、出題傾向を把握します。
初めは得点にあまりこだわる必要はないそうですが、
いつまでも得点が伸びない場合、志望校の問題と相性が合わない事も考えられるので、
あまりに悪い場合は受験を考え直すと言う方法もあると言う事です。