メニュー

「ユリウス過去問完成講座」

2014年11月17日 - 受験, 問題を解く

中学受験では、中学入試の問題とどう向き合うかと言う事が重要です。

この時期になると、多くの人が志望校の中学入試の問題にチャレンジしているはずです。
過去問はもちろん中学入試の予想問題を進学塾が作成し、その問題をやる事で力をつけると言う場合もあるでしょう。
中学入試の過去問を取り上げた講座も多く開かれています。

例えば日能研プラネットのユリウスでは、「過去問完成講座」という物が、9月から1月に開かれています。

この過去問完成講座は、中学入試の個別指導の対策講座で、
1年分の過去問が1日で完結できる、疑問点・不明点をその場で解決できる、
自己採点では見えない問題、修正点がみつかる、入試本番に向けて克服すべき課題が発見できる、偏差値を超えた合格への自信がつくなどのメリットがあります。
過去問演習と指導を交互に実施すると言う指導で、
「演習」は志望校の問題を入試本番と同じ制限時間内に解答し、
「指導」はマンツーマンで採点や問題の振り返り、類題演習などを行います。
この講座では中学受験の過去問が上手く活用できるよう指導をするわけですが色々なプランがあります。

出題レベルが比較的やさしい学校から第一志望まで徐々に学校のレベルを上げて行く「レベルアップ型」、特定の教科だけを徹底補強する「特定教科特化型」、第一志望校対策を徹底的に行う「第一志望特化型」、11月中に第一志望校を終了し、12月に併願校の対策を開始し、複数校2~3年をバランスよくやる「バランス型」や「教科移行型」「学校別対策型」「国算特化型」等があります。