メニュー

「マンガで中学入試の問題を攻略!」

2014年5月5日 - 受験, 問題を解く

今回は、中学入試の問題の攻略法について考えてみたいと思います。
最近の中学入試の問題は、記述式が増え知識の量よりも、思考力を求めるものが増えています。
論理的思考力や表現力を養うと言う事が重要になってくるわけです。
ただし、知識がもちろん必要なわけですから、知識と思考力の両方が必要なのですね。

さて、例えば中学入試問題の中でも特に苦労させられるという算数ですが、
知識と言えば、公式の暗記になります。

ただ、これを暗記するだけではなく、根本を理解しなければ中学入試の問題には太刀打ちのです。
社会においてもそうです。

社会こそ暗記と思われるかもしれませんが大きな間違いです。

例えば歴史でも法則があるのです。
原因と結果が必ず存在します。
では、どのような勉強をすれば中学入試問題を攻略できるようになるのでしょうか。

今回は、「マンガ」をご紹介したいと思います。
「マンガ」で流れを知るためです。
学研の「中学入試まんが攻略BON!」です。
こういった本の中では、流れを知る上で歴史の本は良く出されていますが、
国語、算数、理科、社会の4科目色々な漫画本が出ています。
算数では、つるかめ算や仕事算、図形が出されていて、それぞれの根本を理解し、発展的な学習に使って行けるようになっています。

歴史は上巻下巻に分かれていて、「何が、どうして、どうなったか」という流れがマンガで描かれているので、とてもわかりやすいです。

しかもマンガの後にその時代の要点整理や重要事項のまとめのページがついているので入試対策にも使える本です。