メニュー

「中学入試指導の現場に即した教材」

2014年1月5日 - 受験

中学入試が始まる時期ですね。 今年は早くから雪も降っているので、 中学入試の日に、雪が降らなければよいのですが・・・

でも、雪が降った時もきちんと対応できるように準備しておきましょう。

例えば、雪が降れば当然渋滞し、公共交通機関にも遅れが生じるでしょう。 そのために、時間は常に十分余裕を持って出かけるようにしましょう。

それでも、遅れてしまう事もあるかもしれません。

そういう時は、尚更自家用車などを使わず、公共交通機関で行く事が大事です。

自家用車では、遅れた時の対応をしてもらえない事があります。

さて、勉強以外にも様々な問題がありますが、 まずは、勉強ですね。

今回、教育プロフェッショナルのための支援サイト、 「For Children’s Future 教育開発ONLINE」というサイトで、 中学入試のための問題が載った教材をみつけました。 小学校でやるべき問題、中学入試でやっておきたい問題が載っています。

 

「中学入試指導の現場に即した新基準シリーズ」という本で、 国語、算数、理科、社会があります。

関東の中学入試では、国語、算数、理科、社会の4教科というところが多いのですが、関西は、社会がなく3教科という傾向になっています。

が、中学に進んでからの事も考え、 中学入試で社会がなくても、 社会の問題をやっておく事をお勧めします。

内容は、オリジナルカリキュラムですが、 Ⅰで4年生相当、Ⅱで5年生相当、Ⅲで6年生相当の内容となっています。 1回1授業の講座方式で、講座ごとに確認テストがあります。