メニュー

中学入試問題に込める中学校の思い」

2013年12月2日 - 受験, 問題を解く

中学入試の問題の中には、学校側の考えや思いが詰まっています。

それを知る事は、より志望校に近づく事であり、 結局、志望校合格に近づく事なのです。

さて前回ご紹介した、日能研の「シカクいアタマをマルくする」の中の中学入試問題も同じです。

日能研の「シカクいアタマをマルくする」の中では、この中学入試の問題に込められた学校の思いを中学入試の問題、解答、解説と共に載せているのです。

前回ご紹介したのは、日本女子大学附属中学校の算数の問題でしたね。 3つの円の直径の和が一定のとき、円の面積の和と円の周りの長さの和について考える問題でした。

さて、では日本女子大学附属中学校の数学科がこの中学入試の中で求めているのはどんな力なのでしょうか。

日本女子大学附属中学校の数学科の先生によれば、 この問題は、自分で考えて解くタイプのものだそうです。

作問者の誘導によって解くタイプではなく、自分自身でじっくりと取り組まなければならないのです。

この姿勢は、「自ら考え、自ら学び、自ら行う」という事に結びつくもので、 日本女子大学附属中学校の「自念自動」の精神に通じるものだそうです。

小学生なりに「自ら考える」事を意識して学習に取り組んでもらいたいという思いが込められていたのです。

そのためには、どうしなければならないか・・・

まず問題文をよく読む事です。その中から、条件を読み取る事です。 図が記されて無かったのは、自分自身で考えて欲しいという気持ち、 自由な発想をして欲しいという思いからだそうです。