メニュー

中学入試・社会

2013年6月7日 - 受験

このサイトでは中学入試の問題を色々扱ってきましたが、
中学入試の問題と言えば、まず「算数」 、
いや、やっぱり「国語でしょ!」という人もいるでしょう。

中学入試の問題を勉強しようインターネットで探すと、
大抵、算数か国語の問題がでています。

中学入試のための進学塾でも低学年のうちはまず算数と国語、
それから学年が上がると理科が増えて、社会はオプションで・・・・
という事になっている塾が多いのではないでしょうか。

中学入試の問題をアップしているサイトなども圧倒的に算数が多く、
社会の問題が載っているとすれば、時事問題くらいです。

実際、社会の勉強をどうやったら良いのか悩んでいる方も多いのではないかと思うのです。

そんな中、首都圏東京で、中学受験の社会科専門塾を運営している野村恵祐先生のサイトをみつけました。

社会が専門って珍しいですよね。

国語も勉強しにくい科目として知られていますが、
やはり、国語力は全ての学習につながる大切な科目として、
最近では少しずつ国語の塾を見かけるようになってきました。

が、社会の専門塾があるとは、今まで知りませんでした。

野村先生も塾に行くだけでは社会の成績はとても上がりにくいとおっしゃっています。

塾に行っていても社会の勉強を家でする事は少なく、
塾のテキストをテスト前に暗記したりするくらいだと言う人が多いのだそうです。

でも、中学受験の社会の成績を上げるには家庭学習が不可欠なのだそうです。

そして、社会の偏差値アップのポイントは、
どれくらい効率の良い家庭学習を実践できるかにかかっていると・・
このサイトではそう言った勉強方法を紹介してくれています。