メニュー

チャレンジ中学入試問題

2012年5月26日 - 受験

以前に朝日新聞教育のサイトのご紹介をしたと思いますが、
「チャレンジ中学入試問題」というところを
私もいつも読ませて頂いています。

実はこの「チャレンジ中学入試問題」先月で終了しました。
とっても残念です。
今は、まだ、バックナンバーが残っていますので、
早めに全部読んでみたいと思います。

先月は、四谷大塚の社会科の先生のアドバイスで、
ニュースについて書かれていました。
中学入試の問題も時事問題はよく出題されますよね。

そういった中学入試の問題にたいして、
「単に用語として覚えるだけでなく、そのできごとの意味するものや背景をきちんと理解しておく」という勉強が大切だと書いてありました。

また、次のような過去の中学入試問題と解説がありました。

● 国語(2009年度の明治大学付属中野中学校から)
言葉の並べ替えで、語句の意味や用法を問うもの。

● 算数(2009年度 灘中学校から)
出会うまでの時間差について

● 理科(2009年度 日大第二中学校から)
黄砂の環境問題から発展して、
極東風、北東貿易風、偏西風、南東貿易風について問われるもの

● 社会(2009年度 青山学院中等部から)
これは、サブプライムローンの問題についてきちんと理解していないと
答えられない問題になっていましたが、それについて、詳しく解説してあります。

バックナンバーでには、
常識問う文学作品の読解問題(3/27)
森林伐採や動物の乱獲が自然界にどう影響するか考えよう(3/13)
地理の出題、頭の中に地図を描いて解こう(3/6)
暦や年中行事に関する出題も 正しい知識を身につけよう(2/27)
など、気になるものがたくさんありましたよ。