メニュー

生活の中で

2012年3月22日 - 問題を解く

中学入試の問題は、よくいろいろなサイトに載っていて解説してあるので面白いです。

過去問として、各中学校のサイトや中学受験のための進学塾のホームページには毎年の中学入試の問題が載っていて解答や傾向などがいろいろ載っているのですが、新聞社のサイトやYahoo検定などで中学入試のおもしろい問題が載せてあってそれを解くのはとても楽しいです。

中学入試の問題には親子でチャレンジした方が楽しいものが沢山ありますし、実は中学入試の問題は身近なところにヒントが隠れてい問題が多くあります。
それを見つけていくだけでも楽しいし、また、次の勉強にもつながります。

小学校で、生活科というものがありますね。
私が小学生だった大昔にはなかった科目ですが、とてもいい考えだと思います。
子どもが小さければ小さいほど、社会や理科だけでなく、国語も算数も同じ場所にあるのです。

昔、グラムとミリリットルを子どもに説明するときに、お菓子を一緒に作ったときにやったのですが、すぐ理解しましたよ。

いつも、お菓子を作るとき、はかりを出さないといけないのが私にとっても子どもにとっても面倒でした。
子どもが「全部牛乳みたいに計量カップで測れないの?」って聞いたことが始まりでした。

それで、子どもは、その後に出てくる密度についても考えるようになりました。
お水と油では同じ1カップでも、重さは違う事を理解した事が大きかったと思います。
普段の生活の中で、一緒に勉強すれば発見することも多いのです。