メニュー

中学入試に思うこと

2011年10月3日 - 余談, 受験

子供にとって中学入試は、これまで生きてきた中で初めて受ける受験という方も多いでしょう。
この入試は生まれて初めての入試となる訳ですから、やはり不安も大きいかと思います。
あなたも、実際に初めて受験をした入試の事を思い出してみて下さい。
中学入試や高校入試などやはり緊張や不安などが大きかった事でしょう。

家族にとっても、お子さんの中学入試が初めての受験となるご家族も多いかと思います。
中学入試は、受験をする子供だけの問題ではありません。
入試を受ける家族にとってもとても関わりが深いものだと言えるでしょう。
簡単に言うと中学入試は、親であるあなたにかかっていると言っても良いかもしれませんね。
大げさと思っているあなた。
中学入試は、家族で受ける入試と言っても良いくらいなのです。

中学入試を受けるお子さんにとって、この入試はただの入試では無く自らの力を切り開く力を知るきっかけとなるかもしれません。
自分の力を信じ、毎日勉強をする事で実力へと繋げる事が出来ると自ら体験する事で得る事も多いかと思います。
家族もこの中学入試に対して、意欲的に取り組む事で家族の絆も深まるのではないでしょうか。
そして、中学入試を受け合格した時の喜びは何とも言葉には言い表す事が出来ない程嬉しさや達成感を味わえるかと思います。

子供にとっては、初めての入試となる訳ですからしっかりと親であるあなたがサポートをして合格への道を切り開いてほしいですね。
中学入試でお子さんの成長を見守ってあげて下さいね。