メニュー

入試問題で勉強をする前に・・・

2011年6月6日 - 私の考え

中学の入試に合格をするために、必死に子供に勉強をさせている親御さんもいらっしゃるでしょう。
中学入試に合格が出来るようにと、親が塾や家庭教師などに依頼をかけている方もいらっしゃるでしょうね。
どうやったら効率良く勉強が出来るのか?を考えて塾や家庭教師などに依頼をかけているかと思います。
それは、やはり子供の将来を考えての事だと思いますが果たして一流の大学へ合格が出来る事が子供の為なのか?と考えてしまう時があります。

子供が受験をするとなると、当然ながら受験勉強をしなくてはなりませんよね。
子供が受験で合格をするために勉強をしなくてはならないのですから、子供の意思を確認をして受験をするのかどうかの意思を確認しておく必要があるでしょう。
中学受験で合格出来ると小学校で仲良い友達と離れないといけなくなるかもしれません。
また中学で部活に専念したいと思っているかもしれません。
子供の意思確認は、中学受験を受ける上で一番必要な事なのではないでしょうか?
その意思確認をした上で、中学受験を希望するのであれば過去の中学入試の問題集などで勉強をして受験対策をすると良いでしょう。
中学入試の問題で合格出来るように、効率良く勉強をすると良いでしょう。

私が中学入試の問題を解いている時に大切だと実感した事が、記憶力です。
記憶力を高める事で、中学入試へ合格が出来る近道になるのでは?と思います。
ライバルに差を付ける為には、まずは記憶力を付ける事も合格への第一歩かもしれませんね。