メニュー

中学の過去問題を解く時の注意点

2011年4月19日 - 問題を解く, 私の考え

中学入試のために、どのような勉強方法をされていますか?
中学入試対策として、過去の試験問題を使ってみると良いですよ。

中学受験が近づくと、過去の中学入試の過去問題を実際に解いてみる事で試験の内容がどのようなものなのか?を知る事が出来るでしょう。
この中学入試の過去の問題を解いてみる事で、試験に慣れる事も出来るからです。
本番と同じような流れで、中学入試の過去問題集の問題を解いてみると良いかもしれませんね。

ただ、中学入試問題の問題が過去と同じ問題が出題されるという事はありません。
過去の問題の流れなどはだいたい同じだと思うので、試験を受ける際の試験配分などを考えながら問題を解いてみると良いかと思いますよ。
試験用紙の大きさなども揃えてみるのも、本番と同じように過去の問題を解く事が出来るかもしれませんね。

今は、来年の受験に向けてもちろん勉強は大事です。
そして、学校の情報や塾や家庭教師などの情報にも耳を傾けておきましょう。
志望校の情報なども、常にアンテナを張っておくといろいろな情報を入手する事が出来るかと思いますよ。
この情報は、親御さんが受信しなくてはいけない事も多いでしょう。
噂や憶測でその志望している学校の情報を入手するのでは無く、間違いの無い正しい情報を入手するようにして下さいね。
噂話しで得た情報を、中学入試を受けるお子さんに話しているのでは動揺をしてしまい目標を見失ってしまう可能性もありますからね。