メニュー

中学入試と親

2011年3月11日 - 余談, 受験

今年の春に中学入試を受けられた方も多いでしょう。
あなたのお子さんの入試の結果はどうでしたか?

そんな、中学入試について気になる記事を読みました。
今回は、この事についてお話ししたいと思います。

中学入試で、勉強をしたけれど残念ながら不合格となった方の中にショックが大きくなかなか立ち直る事が出来ない方がいらっしゃるそうです。
子供が始めて受ける入試で、不合格となってしまいどうしたら良いのか分からない・・・。
そのお子さんの気持ちが分かりますよね。
ですが、ショックを受けているのはお子さんでは無く母親である場合があるそうです。

中学入試で良い点が取れるように一生懸命問題を解いて、勉強をしていてもやはり不合格となってしまう方もいるのは仕方のない事です。
ですが、この入試で問題が解けず不合格となってしまったお子さんを持っているお母さんのショックが大きく10年以上も引きずっている方も現実にいらっしゃるんだとか。

有名な中学へ入学をする事で、子供の将来を切り開く事が出来ると思っているため不合格となってしまうと子供の将来を心配しお母さんがダメージを受けてしまう・・・こういったケースが増えているそうです。
最近では、”中学入試で合格するには親で決まる”などと言われていますよね。
こういった事が原因の一つとなり、子供よりも親御さんが入試に対する思いが強いのかもしれませんね。

例え、中学受験に合格が出来なくても、子供の将来はこれで決まりなのでは無く子供の将来はこれからですよ。