メニュー

中学入試の問題と指導者

2010年3月10日 - 問題を解く

中学入試の問題を解いていて思うこと。

特に算数で思うのですが、このようなレベルの問題を小学生に解かせるために、塾講師はどれだけ努力しているのだろうかってこと。

私はすでに大人だから、それなりに問題を解くことが出来ているけれど、小学生がゼロからこれらのことを学ぶとなると非常に大変だし、指導していくためには、小学生に興味を持たせるように指導していかなくてはいけないなって感じます。

教育テレビなどでも小学生低学年は、勉強とは楽しいものであるということが前面に押し出されているけれど、高学年になると、レベルがぐんと上がっているし、「楽しい算数」といった雰囲気はなくなっています。

学校で教えるレベルでさえ楽しく学ぶことは難しくなっているのに、中学入試の問題の問題を指導するとなると、子供に興味を持たせながら指導することはかなり技術がいるだろうなって思います。

生徒本人も、自覚して勉強しているとはいえ、分かりやすく中学入試の問題を解けるような学力をつけさせるのは、容易ではないだろうな~。
なんて考えるのは、私が小学生の学力を侮っているのかしら?

いろいろな解説を見ていても、当然のことながら、解説文はやはり解説文であって、面白楽しいものではない。
やはり塾講師など指導者がそこを面白いものにしているのでしょうね。

苦手なものほど、解説が分かりやすいものである必要がある。

やはり中学入試は独学で合格できるほど簡単なものではないのだろうなってつくづく感じた今日この頃なのでした。