メニュー

中学入試問題とテレビ

2010年2月3日 - 私の考え

中学入試のシーズンということもあってか、今クイズ番組では御三家に出題される問題を応用した問題が出題されるなど、中学入試の問題に注目が集まっています。

と同時に、現役東大生や、京大OBの方がこの問題を解いて、一喜一憂している姿を見ていると、そんなエリートでも難しい問題をどうして中学入試でやるのだろうか?
などと疑問に感じてしまったり・・・。
あまり深く考えないようにしよう。

でも、こういったテレビ番組のおかげで、中学入試を考えている子供たちは、クイズ感覚で問題を解く考え方を身につけられて良いかもね。
それに、非常に分かりやすい解説をつけてくれるし。

テレビ番組での問題は、小学生にとってはある意味息抜き問題になるかもしれないですね。

それに、テレビに出るような大人と対等に、それ以上に問題を解くことができれば、自信にもつながるし。

中学入試を受ける生徒さんは、非常に将来を見据えています。
よくテレビ番組でインタビューを受けている進学塾の生徒さんの考えを聞くと「ほー!」と感心することが多い。
自分の考えをしっかり持っていて、すごいなって思います。
私が小学生の頃って、こんなにしっかり自分の将来を見据えていたかな?

自分の考えをしっかり持って、中学入試へ挑もうと思っている子は、地にしっかり踏ん張っているから、どのような結果になっても、未来は明るいものだと思います。

私も地にしっかり足をおろして立っている、そういう子供に育てていきたいな。