メニュー

中学入試問題追い込みシーズン

2010年1月15日 - 私の考え

皆さま、新年明けましておめでとうございます。
世の中はすっかり正月ムードから、バレンタインデーや受験ムードへと移行してきていますが、中学入試のピークっていつごろなんでしょうね。
ちょうどここ数週間がピークかなって思われます。

中学入試の問題を「最後の追い込み」と解いている生徒さん、頑張ってください!
あなたの今の努力が報われるのは目の前ですよ。

小学生の子供たちが必死で問題を解いて、最後の追い込み勉強をしていることを想像すると、本当に胸が熱くなってきます。
そして、それは親御さんも同じことでしょう。

各スーパーなどに設置されている受験対策のブースには、合格の願掛け用のお菓子が沢山山積みされています。
「(受験に)きっと勝つ!」や、パッケージの後ろに受験への応援メッセージが入ったお菓子。
こういったものをたくさん買ってきて子供にプレゼントすることしか今の時期親にしてあげられることはありません。
中には、応援メッセージのバージョンをすべて集めて購入していく親御さんも。
子供に対する愛情を垣間見た瞬間です。

親はどうして子供を応援するのでしょうか。
一流の学校へ進学したということを周囲に自慢したいから?

いいえ、子供がこれまで必死で努力してきたことが報われてほしいからではないでしょ言うか。

そんなことを思いながら、今日もすやすや眠っている乳飲み子を横目に中学入試の問題をしんみりといているのでした。

私の子供が中学入試の問題を解くようになるのはまだまだ先のことのようですね。