メニュー

中学入試教科は苦手意識払拭しよう

2009年8月20日 - 余談

中学入試の問題に夏の暑さを理由に全く着手していないのですが、その代り、テレビ番組でよく「〇〇中学入試問題応用」などというものを真剣に考えています。
つわりは終わったものの、相変わらず逆らえないほどの眠気にほとほと困っているのが現状。
中学入試の問題を解こうと思っても、すっごい睡魔に襲われちゃうんです。
(; ̄ー ̄川

昔からそうなのですが、私は社会の問題特にチリに関連するものを覚えるのが大の苦手。
恥ずかしい話、未だに日本の都道府県、ちゃんと正しい位置が把握できていません。

従って、〇〇農産物日本ナンバーワンの都道府県は?
という問題があったとして、県名が出てくるのだけど、その県がどこの位置にあるのか分からないので、結果バツ。
一度中学入試の問題で間違えたのなら覚えればいいのに、なかなか苦手意識が固定しちゃって頭に入ってこないのよね。

長年苦手意識が固定しちゃうとなかなか脳が覚えていこうとしてくれませんね。
そういった意味では、子供に将来中学入試対策の勉強を教える時は、苦手強化を極力作らないように指導していく必要がありそうですね。

だって苦手意識を植え付けると、私のようにどんなに勉強しても頭に入ってこなくなっちゃうから。
これ、勉強の基本中の基本なんじゃあないかな。

将来お腹の子にも教えてあげなくちゃね。
中学入試の勉強に限らず、苦手意識を持った時点でその科目は成績が伸びなくなってくるんだよって。
おーい、聞こえているか―い。