メニュー

中学入試の問題は学校によってクセがある

2009年7月17日 - 問題を解く

じめじめとした天気同様、私もぐったりとしております。

従って、中学入試の問題を解くのにも随分と時間がかかりながらだらだらとやっている次第でございます。

中学入試の問題を解くには、本来ならば時間制限をつけてやるべきなんでしょうが、非常事態ですから仕方ないでしょう。
と、自分に言い訳をしつつ中学入試の問題にマイペースで取り組んでいる今日この頃、実際に中学入試を受ける受験生の皆さんは、私の様な事をしないように。
でないと、中学入試本番に間に合いませんよ!

分かってるって?

中学入試の問題を解いていて、思うのは、出題する中学によって問題に癖があるなってこと。
問題の言い回しもそうだし、ジャンルもそう。
ああ、この問題は〇〇中学っぽい出題だな。
なんて思いながら解いていることもあります。
そしてそのカンは当たってるんですよね。

のんびり中学入試の問題を解いているものだから、そんなことまで考える余裕がありますね。
だから、志望中学が絞れたら、あとは過去問題などを集中的にしていく方がより合格への近道になるんじゃないかな。

私は中学入試に関しては、ど素人だし、詳しいことは分からないけど、中学入試の問題をいろいろといていると、そんな感じがしてきますね。

基本、私の話は鵜呑みにせずに、必ず塾の講師の方だったり、家庭教師の先生の言うことを信じて下さいよ。
これはあくまで中学入試の問題をダラダラと解いていて思ったことなんですからね。
(; ̄ー ̄川